健康的にスタイルアップしたい人に最適のエクササイズ【ピラティス】とは?

姿勢改善腰痛・肩こりの軽減むくみ改善シェイプアップ産後ダイエットなど…体の不調改善やスタイルアップに効果的なエクササイズ「ピラティス」

「ピラティス」をご存知ですか?

健康や運動に興味がある方は耳にしたことがあるかもしれません。

ピラティスとはどういうエクササイズなのか、ピラティスインストラクターのMioriがご説明します。

 

ピラティスは体幹を鍛えるエクササイズ

ピラティスのエクササイズは全て「コア」「アライメント」をキープして行います。

「アライメント」というのは姿勢

体の全ての部位の正しい位置を意識してエクササイズを行います。

その中でも特に重視しているのが「骨盤」

骨盤を正しい位置で常に安定させた状態でエクササイズを行うのが特徴です。

この「骨盤を安定させる」させるのにも必要なのが「コア」

「コア」というのは脊椎と骨盤周辺の身体の芯の部分=体幹のこと。

ピラティスのエクササイズは全て、この「コア」の筋肉を常に意識して引き締めた状態で行います。

正しい姿勢で、身体の中心・内側の筋肉を意識して行うエクササイズで、

身体を支える芯の部分を鍛え、ブレない身体=体幹を作るエクササイズがピラティスです。

 

ピラティスとヨガの違い

「ピラティス、聞いたことあるよ」という方にも多く聞かれるのが「ヨガみたいなやつでしょ」「ヨガと何が違うの?」ということ。

ピラティスはヨガのストレッチ要素を多く取り入れているので、よく似た動きも多いのですが、簡単にいうと起源と目的が違います。

ヨガは本来、宗教思想に基づく瞑想法の動きがもとになっているので、効果としても精神統一・リラックスというものが大きいですが、

ピラティスはもともとリハビリテーションに利用していた身体コントロールのためのエクササイズです。

この2つの違いが大きくわかるのが、それぞれを教える立場にあるインストラクターが何を学んだ人なのかということ。

ヨガインストラクターの方に聞くと、インストラクターの養成講座で最初に教わるのはやっぱりヨガの精神・思想だそう。協会によって違いもあると思いますが、試験も実技試験のみだそうです。

ピラティスの協会の1つ、FTPのピラティスインストラクターの資格試験には必ず筆記試験実技試験両方の合格が必要です。

筆記試験には骨や筋肉の名称、どのエクササイズでどの筋肉に作用するか、という問題が出ます。

このことからもヨガは精神性を重視したものであるのに対し、ピラティスは解剖学や身体力学をベースにしたエクササイズであるという違いがわかると思います。

 

ピラティスの効果

ピラティスで鍛えるのはインナーマッスル、身体の芯をつくる内側の筋肉です。

この筋肉を鍛えることにより、引き締まったシルエット美しい姿勢ケガをしにくいしなやかな身体をつくることができます。

さらにストレッチ動作で、肩こりや腰痛への効果もあります。

「身体を鍛える」というとツラくて大変というイメージもあるかと思いますが、ピラティスはリハビリに用いていたエクササイズなので、

アスリートから妊婦さんご年配の方、様々なレベルに応じた動作を組むことができます。

 

解剖学・身体力学に基づいて体幹を鍛えるエクササイズ「ピラティス」を取り入れて

綺麗な姿勢シェイプアップした美しいスタイル腰痛・肩こりなど痛みのない身体を目指してみては?

 

レッスンの探し方・受け方にお悩みの方はMioriもご相談にのりますので、お気軽にお声かけてください♪→お問い合わせはこちら

まずは行きやすいところなど条件で探してみるのがオススメです

お役立ち情報がたくさん!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ピラティスインストラクー。TCマスターカラーセラピスト。医療機関勤務でPSWの勉強中。前職はテレビ番組の編集マン。 旅と映画とセルフネイルを生きがいに、はじめたてのブログを楽しくやってます。 詳しくはこちら