青と紫の涼しげレトロ【椿と縞】浴衣ネイル

浴衣の定番「ブルー×パープル」で、和柄の定番「椿」を描いた愛されデザインの浴衣。

女子ウケも男子ウケも間違いなしなレトロ浴衣に合わせたネイルをデザインしてみました。

100均ポリッシュだけでできるお手軽セルフネイルをご紹介します。

 

夏になると寒色系が気になるMioriです。

いや多分みんなそうですよね?目から涼しげな方がいいもん。

浴衣もやっぱり定番は紺とか紫が多いですよね。

個性的な奇抜デザインもいいけど、

やっぱり多くの人に愛されるのは定番スタイル。

定番の中に「一味違う」ってスパイスが入るとグッと魅力的になりますよね。


椿は和柄の定番だけど、「着物」の定番モチーフなので、お着物のようなしっかり感が出ます。

紫・水色の寒色系にオレンジのラインが混ざることでレトロ感もプラス。

定番に一癖が粋な「椿と縞」の浴衣とコーディネイトできるネイルを考えてみました。

100均のポリッシュだけで、不器用でもできる簡単セルフネイルアートです。

やり方をご紹介しちゃいます。

 

やり方

  1. 全部の指に白をベタ塗り
  2. 紫・オレンジ・水色を使って、太さの違う縦ラインを数本ずつ描く
  3. 2本に水色で椿の花の形を描く
  4. 椿の花の脇と、もう1本ラインだけの指に紫で葉っぱを3つずつくらい描く
  5. 椿の花の中心に少し横長の花心を白で描く
  6. 椿・葉っぱ・花心のアウトラインをオレンジでなぞる
  7. 花心の近くに花びらのラインもオレンジで描く
  8. 花心の先端を少しオレンジで塗る

 

使ったもの

  • AC ネイルエナメルM 44
  • エスポルール セルリアンブルー
  • ウィンマックスネイルアート用エナメル 紫色
  • ウィンマックスネイルアート用エナメル 橙色

 

ポイント

大事なのはオレンジのライン!

椿のアートをオレンジで縁取ることでグッとレトロモダン感が増します!

ラインを描いてから中を塗り絵のように塗るのだと、描くのも塗るのも神経使うので大変。

私は不器用なので、適当な形にカラーを先に塗って、ラインの縁取りは最後にしてみました。

こうすれば気を張る作業は1工程だけだし、ストレスが減ります。笑

アートは苦手だけど、和柄は大好きなのでちょっと頑張れる。

練習するときはまず好きなものからやるのがオススメです♪

 

素敵なセルフネイルがたくさん!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ピラティスインストラクー。TCマスターカラーセラピスト。医療機関勤務でPSWの勉強中。前職はテレビ番組の編集マン。 旅と映画とセルフネイルを生きがいに、はじめたてのブログを楽しくやってます。 詳しくはこちら