モネ「睡蓮」モチーフ 印象派絵画風【ニュアンスネイル】

増田セバスチャン×クロード・モネの展覧会「Point-Rhythm World -モネの小宇宙-」が銀座のポーラミュージアム アネックスで開催。(2017年7月21日〜9月3日)

増田セバスチャン流に表現されたモネの「睡蓮の池」の世界をモチーフにネイルをデザインしてみました。

プチプラポリッシュで簡単にセルフネイルできる、印象絵画風ニュアンスネイルのご紹介です。

 

モネは晩年の生命力溢れる感じの作品が好きなMioriです。

以前は印象派があまり好きじゃなかったんですが、モネ展に行って晩年の作品を見てからだいぶイメージが変わりました。

モネの代表作「睡蓮の池」をモチーフに、増田セバスチャンが再構築した展覧会が銀座でやってるので行かないか、とお誘いいただいたので

展覧会のポスターのイメージに合わせたネイルをして行ってきました。

展覧会タイトルの「ポイントリズム」は点描画法という意味の「pointillism」と「rhythm」をかけた造語だそうです。

暗い空間にキラキラと点描の「睡蓮の池」が再現された空間なんですが、近づいてみると1つ1つの点描はリボンやボタン、様々なマテリアルで構成されてるんです。

立体的で質量を感じるリアルな点描画の空間に、バーチャルリアリティの映像も投影されて、リアルとアンリアルが混ざる空間になってました。

ポーラ銀座ビルのワンフロアにある小宇宙。入場無料なので、銀座に行く機会がある方は覗いてみるのもいかがでしょうか?

展覧会に行くときコーディネイトでオススメしたい、印象派絵画風ニュアンスネイル。

プチプラポリッシュで簡単にできちゃうセルフネイルのやり方をご紹介します。

 

やり方

  1. 全部の指に黒をベタ塗り
  2. コットンの角に緑を塗って、ドットを描くようにポンポンと乗せる
  3. 大きさや濃さ、色の組み合わせを指ごとに変えながら、他の色も同じようにコットンでポンポン乗せていく

 

使ったもの

  • paネイルカラー A112
  • MP AT濃密 グラマラス ネイルエナメル 17
  • ESMALTE Darosa No.86
  • AC ネイルエナメルM 99 ブルー
  • AC ネイルエナメルM 103 エメラルドグリーン
  • TMマニキュアA クリーミーイエロー
  • paネイルカラー A97
  • LTマーブルネイル B

 

ポイント

ふわっとした点描が特徴の印象派絵画のイメージを再現するために、今回はコットンを使ってみました。

綿棒だとちょっと硬めなので、コットンの柔らかさでちょうど良かったです。

コットンの四角を使ったり、折って角を作ってできるだけ細かく塗れるようにすると、雰囲気を作りやすいと思います。

スポンジポンポンネイルとはまた別の可能性が広がりそうなコットンポンポンネイル。

他のデザインも模索してみたいです♪

 

素敵なセルフネイルがたくさん!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ピラティスインストラクー。TCマスターカラーセラピスト。医療機関勤務でPSWの勉強中。前職はテレビ番組の編集マン。 旅と映画とセルフネイルを生きがいに、はじめたてのブログを楽しくやってます。 詳しくはこちら