女性の髪のボリュームケア オススメの方法は?



髪のボリュームがなくなってきたかも…コシやハリがなくなってきた気がする…

「傷んだ髪の補修」をウリにした商品とか、特集は良く見るけど

女性の「抜け毛」の対策って、どうしたらいいかわからないし、あんまりオープンに相談しにくい…。

AGAは治療ができるともいうけど、クリニックに通うのは抵抗があるし…。

セルフケアでできる髪のボリュームアップ対策はないの?!

 

最近職場がストレスフルなMioriです。

「Mioriはストレス溜めてハゲそうなタイプだよねー」なんて先輩に笑われてたけど

最近お風呂場以外でも「いっぱい髪の毛落ちてるよ」って家族に怒られて

本当に抜け毛やばいかも…!と焦りが…っ

それでなくてもアラサー。

ちょっと年上の友達が「最近髪がペタッとしちゃうし、頭皮の見え方が気になる」って言ってて、

やっぱりそろそろ「ヘアケア」も真面目に考えなきゃいけない歳なのかなぁと思って、ちょっと調べてみました。

 

髪を抜けにくくする?髪を増やす?

髪のボリュームケアとなると、髪を抜けにくくする、というのと髪を増やすという2つのアプローチが考えられます。

髪を増やす、発毛・育毛というと、今はAGAとして病院で治療できるってCMなんかでもよく見ますよね。

でも病院に通うって敷居が高いし、自由診療なので金銭負担も大きいし…ちょっと抵抗あります。

病院での治療、となるとまず薬物療法

もちろん医師の診断のもと適切な処方がされて薬は効果があるけど、個人で手に入れる方法もあります。

クリニックでAGA治療に処方されるお薬の1つ「ミノキシジル」

このミノキシジルが配合された市販で手に入るお薬が「リアップ

男性用だけでなく女性用もあります。

医薬品なのでもちろん効果の期待も高いです。

 

でもどんなお薬にも言えることだけど、薬には効果(ベネフィット)副作用(リスク)があります。

リアップも

「発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」という効果と

血圧・心臓・腎臓への影響、むくみ増強、頭痛・めまい、かゆみ・かぶれなどの副作用の可能性も明示されています。(Qライフ

もちろん副作用は「可能性」誰にでも起こる作用ではありません。

上手く身体に合う方には効果的だと思います。

ただリスクの可能性のある医薬品に頼る前にセルフケアできたらよくないですか?

 

食事で髪のボリュームアップ

髪を増やすには、髪を作る養分がないと新しい髪は作られていかないですよね。

じゃあ髪を作るには何が必要なの?

 

髪の毛はほぼ「ケラチン」というタンパク質でできています。

このケラチンは髪の毛だけでなく、爪を形成する成分でもあるので

爪が薄くて割れやすかったり、ガタガタになっちゃってる人にも必須な成分!

ヒトはタンパク質を摂取して、アミノ酸に分解アミノ酸を再合成して「ケラチン」を作ります。

この分解されたアミノ酸を合成するのに必要なのが亜鉛

さらにその亜鉛の働きを助けるのがビタミンB6

つまり髪を作るには「タンパク質・アミノ酸」「亜鉛」「ビタミンB6」が必要です。

 

  • タンパク質が多い食べ物は

肉類・魚介類・卵・大豆製品・乳製品

  • 亜鉛が多い食べ物は

牛肉・レバー・牡蠣・うなぎ・卵・大豆製品・乳製品

  • ビタミンB6が多い食べ物は

レバー・マグロ・カツオ・きな粉・ニンニク

 

不足しがちなものは補助的にサプリメントで摂るのもいいと思います。



シャンプーを見直して抜け毛予防

せっかく髪の毛を作る栄養を摂って髪を増やしても、抜けていっちゃったら意味ないですよね。

栄養補給と同時に、抜けにくい土台づくり=頭皮環境づくりが大切!

 

大事なのは「しっかり汚れを落とす」ことと「健康な頭皮を保つ」こと。

 

洗浄力が高くても刺激が強すぎると頭皮は荒れちゃうし、

刺激が弱くても汚れが落とせなければやっぱり抜け毛は増えるし…。

そこで見つけたのが【メセルSDFシャンプー】

アミノ酸シャンプーで肌への刺激は少なく

不要な汚れだけを落とす「選択洗浄性機能」のあるシャンプー。

 

髪と頭皮に有効な成分は13種類の植物由来成分を配合していて

ノンシリコンパラベンフリー石油系界面活性剤不使用合成色素・合成香料も不使用

と頭皮と髪に優しい作り。

そのため他の製品より保存期間が短く「早めに使い切ってください」の注意書きも「生もの」だからこそ。

何より発毛・育毛サロンのコースで使われているシャンプーなので効果は期待できますよね。

 

正しい栄養補給と正しいシャンプーで

健康で豊かな髪へのセルフケアを。

 

お役立ち情報がたくさん!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ピラティスインストラクー。TCマスターカラーセラピスト。医療機関勤務でPSWの勉強中。前職はテレビ番組の編集マン。 旅と映画とセルフネイルを生きがいに、はじめたてのブログを楽しくやってます。 詳しくはこちら